KAYS 敵を良く知れば不安が軽減する~咳喘息を巡って
FC2ブログ

スポンサードリンク


敵を良く知れば不安が軽減する~咳喘息を巡って

sekizensoku201905wm.jpg
通常、気管支喘息で処方されている吸入薬。


咳喘息(せきぜんそく)、KAY2は以前こちらの記事に書いたように長い付き合いです。最初に発症したのは、20年以上前。風邪をひき、その後、風邪は治ったものの、咳だけが1ヶ月以上残ったのです。ひどいときは、夜眠っていると、突然セキが出てきて止まらなくなり、眠れなくなる。そんな苦しい症状です。

当時はまだ「咳喘息」という言葉もなく、病院では普通に風邪薬を処方されるだけ。

ところが、ある医院で、「ステロイドの吸入を試してみよう」と処方されたのが劇的に効き…。それ以来、その方法で乗り切ってきました。当初はお医者さんもご存じない方が多く、こちらから、ステロイドの吸入を…と求めたことも何度かありました。

その後、咳喘息を何度か続けた後、ついに「気管支喘息」の診断が下ってしまったのが数年前のことでした。

ただ、幸いなことに喘息の本格的な発作は未経験です。毎日のステロイド吸入が功を奏しているのでしょう。
さて、最近自分が咳喘息になったのはもう数年前。それからは経験せずに来ることが出来ました。鼻うがいを始めて風邪をひきにくくなったこともあります。(こちら

ところが、先日、急な発熱に襲われます。風邪のような症状、どうやら今流行のアデノウィルスへの感染のようでした。それが数日でようやく軽減したと思ったら、今度は夜、突然の咳に目が覚めます。

あ、数年ぶりにあれが来てしまった!

そう、招かれざる客、咳喘息です。

これ、本当に苦しいのです。夜、布団に入って、横になり、ウトウトとして、体が暖まったころに、突然激しく咳が始まります。しかも、横になっていたままだと状態はひどいまま。唯一の軽減方法は上体を起こすこと。そして、そのまましばらく咳が去るのを収まりますが、中途半端に横になると元の木阿弥です。そんな風にして、気がつくと明け方。寝不足のまま翌日を迎えることになるのです。

これが数日続き暗澹たる気持ちになります。一体、この先、どうなるのだろう?

ところが、そんなところに思わぬ救いの手が!

翌朝、念のためにと、ネットで咳喘息を検索していたら、次のような記事がヒットしたのです。

安眠を妨げる咳喘息 厄介だが過度に怖がるべきではない」(https://diamond.jp/articles/-/21103

というタイトルで、日比谷公園健診クリニック院長の旭伸一さんが2012年に「DIAMOND online」に書かれたものです(2012年7月5日)。

2012年と言えば、当時はそろそろ「咳喘息」が世に知られ始めた頃。そして、このお医者さんもすでにステロイドの吸入が有効だとご自分で発見されていたことがわかります。

この記事を読んで、何より「目からウロコ」だったことがあります。それは、この咳喘息の経過がある一定のパターンとなっていると知ったことです。

1.風邪などの治りかけで咳喘息が発生すること。

2.はじまりから7~9日目の夜にピークとなること。ここが一番つらい

3.上半身を起こすと楽になる。

4.夜間2度くりかえす場合が多い

5.それ以外の時間は眠っているのだが、「眠れなかった」という印象に

6.1ヶ月以上すれば、自然に直る兆候が出る


なるほど!

確かに、そのピークの3日間が一番厳しいのです。そして、「眠れなかった!」となるのです。よぉく考えていくと、いままでの自分の咳喘息、何回かありますが、たしかに、いずれも上記のパターンと同一です。

ということは、あの一番つらいのは3日すぎれば、楽になるということ。

さらに、そのつらい時期も、実は長い夜に2度、ピークがあるけれど、それ以外の時間は意外と眠っている。ということは、睡眠は少なくなっても、とれてはいるということ。

そういうことが分かってきます。つまり、自分の今の状態が客観的に見え、標準的なコースを歩んでいること、さらに、その先のゴールが見えてくるんです。

そうすると、「そっか、そんなに不安に思わなくてもいいのか!」と思えるようになるのです。

というわけで、今回の咳喘息、この記事のおかげで、一気に気持ちが楽になりました。

もちろん、気管支喘息を持っているKAY2ですから、この間、医師にはちゃんと何度も見てもらい、喘息発作につながる事態にはなっていないことを確認しながら過ごしました。これは非常に大切なことです。

というわけで、何事も、経過のパターンが分かれば、精神的に楽になるという良い例だと思い、また、昨今、多くの人が咳喘息を経験するようになったということもあり、一言書いてみました。


注意:
ここに書いた事はあくまで医療にシロウトのKAY2が感じた事を書いたものです。皆さんは必ず私の文章を鵜呑みにせず、必ずお医者さんと相談して、適切な治療を受けてくださいね。万が一、重篤な状態を見逃したら大変ですから。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: