KAYS filo(仙川)とCOEDOビールの素敵なマリアージュ
FC2ブログ

スポンサードリンク


filo(仙川)とCOEDOビールの素敵なマリアージュ

filoandcoedo201905_00wm.jpg
入口にもイベントの告知が!


仙川では比較的新しいイタリアンレストラン「torattoria filo(トラットリア・フィーロ)」、他のお店とは、異なる魅力を持った素敵なお店です。一つは「放血神経〆」したお魚が自慢であること。一方でお店の内装はスタッフが自ら行いましたが、それを楽しい動画でネット公開するなど、新しい手法が話題を呼びました。経営母体がIT企業であるからこそなせるわざかもしれません。

そして、何よりも、伊藤泰宏シェフの作り出す料理の素晴らしさ。食材からして、新鮮な魚貝に、野菜、そしておいしいお肉と、どうして、こんなに若いシェフがこんなに素晴らしいルートを持っているの?とビックリするくらいなのです。

そして、調理も、時には我々KAYSのワガママなリクエストにも笑顔で答えてくれる柔軟さ。

さて、そんなお店がなんとクラフトビールの雄「COEDO(コエド)」さんとコラボ!

そのイベントを知ったきっかけは、我々のブログを読んでくださっているMさんと出会い、意気投合、「filo」で食事会をしたときのこと、お店に飾ってあったフライヤーにMさんが目をとめます。

「これ、いいですね!」

それがfiloとCOEDOのマリアージュの告知でした。

ゴールデンウィークの最終日、5月6日、昼の部と夜の部にわけて、定員は20名ずつのイベントです。

COEDOの6種類のビールと、それにそれぞれあわせた料理の数々。それを味わえるというのです。値段はビール込みで5,250円(税込み)。コストパフォーマンス的にも素敵。これが都心であれば、1.5倍から、ヘタをすれば倍の値段をとられても不思議はありません。

それにしても、COEDOのおいしさはお店でも飲み知っていますが、わざわざそのビールに合わせた料理をシェフが出してくださるなんて…。

これは申し込まないわけがない!

filoandcoedo201905_02wm.jpg
昼間から、ビールと料理の
マリアージュ!


ということで、昼の部を申し込んだ当日です。

昼から飲める!しかも、昼と言っても開始は本当の正午。起きてまだ3時間しか経っていないのに、もうアルコールが飲める!

背徳的な嬉しさに満ち満ちた気分でお店に。

お店は立食形式ということで、大きなテーブルがどーんと置かれ、ソファなども位置が変えてあり、いつもと雰囲気が違います。

すぐに、Mさんも笑顔で登場。

本日は特別に完全予約制ですから、いつもの常連さんとおぼしき方も、お店にやってきて「あ、そうなんだ!じゃ、次の機会に」と帰っていらっしゃる姿を見かけます。

ビールは最初に受付でいただくA5サイズの紙がリストとなっており、そこに印をつけていき、受け取ります。ちなみにビール6種類だけでなく、赤ワイン(マルベック)、白ワイン(ソアヴェ)、スパークリングワインと、全部合わせると9杯飲めるのです!

filoandcoedo201905_01wm.jpg


カウンターには6種類の料理が並び、それぞれに説明書きが…。

なぁるほど!このビールにはこういうわけで、この料理が…と、ふむふむと頷きながら読んでいきます。

さて、最初はまず「瑠璃(るり)」に合わせてフルーツトマトの「づけ」から。チキンブロードでつけたフルーツトマトに、少しわさびをつけて。これが、ピルスナータイプのビールである「瑠璃」のさっぱり感とぴったり!

その後、「伽羅(きゃら)」に合わせてプロシュートと白ブドウ。プロシュートの塩辛さと白ブドウの甘さの組み合わせはメロンに生ハムのような「鉄板」ですが、そこに、「伽羅」の持つホップの苦みが加わると…、ああ、これはまさに今の季節、初夏の新緑を思わせるような爽やかさです!

「白(しろ)」に合わせるのは黒トリュフのスクランブルエッグ。昔からホワイトエール系のビールが醸し出すバナナやオレンジのような香りが大好きな我々。それに、大人の味わいのスクランブルエッグが良く合います、

「毬花(まりはな)」にガンベロロッソ(エビ)のグリルにジェノバソース、このジェノバソース、よくあるバジルではなく、もっとキリッとした苦みとさっぱり感が。え?これは何?と尋ねると、シェフから「春菊です」との答え!これはクセになるおいしさです。

「紅赤(べにあか)」には鶏モモとインカの目覚めのペースト、表面の甘さを尋ねてみたら「キャラメリーゼ」。これがサツマイモを使った「紅赤」の深い味わいをさらに引き立てます。

最後は「漆黒(しっこく)」に飛騨牛のすじ煮込み。こちらは、漆黒とワインを使ったフォンドヴォーで煮込んでいます。だから、「漆黒」にも赤ワインにも、どちらにも合う!しかも、牛すじと言いながら、牛のしっかりとした赤身肉も入っている!これは絶品!

filoandcoedo201905_03bwm.jpg
二人とも全てに印がついちゃいました!


というわけで、マリアージュ、もう、幸せ過ぎて、ニコニコ笑顔が絶えません。

おそらく、同席した人たちも同じ気分。

あっという間に、みんなお友達になり…。

そして、全員で記念撮影まで!

ありがたいことに、お客さんの中にプロのカメラマンさんがいて、撮影をしてくださいました。

というわけで、仙川で本当に楽しい楽しい休日の数時間。

あまりに楽しすぎて、このあと、Mさんとともに、KAYSは合計5軒の飲食店をはしごしちゃったのはナイショの話…。あれ?ここで書くとナイショじゃなくなっちゃうか。

いったい、全部でどれだけお酒を飲んだのやら…。

楽しいゴールデンウィーク最終日でした。

「filo」さん、本当にありがとう。また、次も期待しています!

そして、イベントを見つけて誘ってくださったMさんに、心から感謝です!





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: