KAYS 成城石井のグローサラント型レストランを体験!
fc2ブログ

スポンサードリンク


成城石井のグローサラント型レストランを体験!

seijoishiiresutaurant201710_01wm.jpg
スタイリッシュな入口。


長い間注目を集めていた調布駅の再開発。ついにその中でも最もみなさんの関心の高かった駅ビル、「トリエ京王調布」が先月オープンしました。72もの出店があったり、映画館が復活したりと話題に事欠かないのですが、我々の注目を集めたのは、

「成城石井」

そう、高級志向のスーパーです。でもね、我々の注目点はちょっと違うんです。

成城石井、我々にとってはワインの品揃えの多いお店として重宝に利用しています。

オープンの数日前に新聞の折り込み広告を読むと、最大規模のお店だとか。しかも、ネットなどの事前情報を見てみると、新たな業種展開として、「グローサラント」の店舗を開設とあります。

グローサラントって何?一瞬イートインかな…と思ったのですが、どうも少し違う様です。

イートインというのは、そのお店で販売しているものをそのまま、レジで購入して、それを中のテーブルスペースなどに腰を下ろして食べるというもの。

ところがグローサラントの場合はそのお店で販売しているお肉や野菜などの食材をシェフが料理して、レストランとして提供しているというものなのだそうです。「グローサリーストア」と「レストラン」からの造語で、アメリカで進んでいる形のようです。

さて、我々はその説明書きの中にある一言に強く惹かれます。

店内で販売しているワインを「500円の持ち込み料」で味わえるというのです!

前述のように成城石井はワインのセレクションが非常に充実しています。買い物をしないときでも、通勤途上にある別の店舗に寄って、ワインの棚を眺めることが良くあります。飲んでみたいなぁ…どんな味なのかな…と、いつも思うのですが、この成城石井では、飲んでみたいなぁと思ったら、すぐに、そのままレジに行き購入。そのまま、その併設のレストランに持っていけば、500円の持ち込み料を払えば、グラスを出してくれて、抜栓してくれて、そのお店の料理とともに味わえるというわけです!

500円というのは安い!我が地元の仙川でクイーンズ伊勢丹が同趣旨の試みを始め、KAYSも早速利用していますが(こちら)、そちらは1000円。その半額です。しかも、クイーンズ伊勢丹と違い、ワインの種類は豊富です!

というわけで、開店の数日後、おじゃましてきました。

「成城石井スタイル デリ&カフェ」というのがお店の名前。スーパーの一角にあります。開店から間もないので、成城石井そのものはごった返しています。レジには長蛇の列。片っ端から棚を眺めていきますが、お肉、野菜など、通常の成城石井とは品揃えが違い、本格的なスーパーの雰囲気です。

夕方6時半、レストランの方は比較的テーブルが空いています。お店の外に書かれたシステムを読んでみます。

まず、入口でメニューを決めて、レジに行き、そこで、会計。テーブルについて、料理ができるのを待ちます。料理が出来あがれば、セルフ方式で窓口で料理を受け取り、テーブルに。食事が終われば、食器を下げ口に持っていくという形です。レストランというよりは、ちょっとしたカフェなんですね。ビールやグラスワインもあるのでちょい呑みも可能。

ただ、メニューは限られます。ハンバーガーとステーキがそれぞれ3種類、ハンバーグが1種類。そのほかにパスタ、ピザが3種類ずつ。以上です。200円でソフトドリンクのセット。さらに100円プラスすれば、アルコールも。しかし、なんといっても成城石井の550種類のワインが持ち込み可能という所がたまらない魅力ですねぇ…。

さぁ、利用方法はマスターしたので、お店の方に相談です。「ワインをお店で買って持ち込みたいのですが…」ということで、座席に荷物を置き、再びスーパーに戻り酒売り場に。

seijoishiirestaurant201710_02wm.jpg
沢山ありますからねぇ…。どれにしよう。


ずらーっと並ぶワイン。うーん、迷います。

でもね、持ち込み料500円で飲めるとなれば、高ければ高いワインほど、オトク。通常、ワインは飲食店で飲むとこの陳列棚に書かれている値段の倍になるわけですから。と、そうなると、日頃飲めない、3000円クラス以上のワインに目が行きます…というわけで1本購入!ブルゴーニュの赤。有名なワインです。

お店に戻り、料理を注文。お店の方に「このシステム、絶対いいですよねぇ。」と話しかけるとニコニコして「お客さん、そうでしょう!絶対オトク。私だって、すぐにお客さんになって楽しみたいですもん」との答え。

気がつくと周りのテーブルはほぼお客さんで埋まっていました。

ただ、この日、我々のようにワインの持ち込みをされているお客さんは見あたりません。先ほどのお店の方に再度尋ねてみると、土日は持ち込みのお客さんが多いそうですが平日はまだまだとか。

そう、確かに休日、ボトルをあけて、ゆっくりと過ごす…そんなスタイルが頭に浮かびます。

さて、料理ができあがったと番号で呼ばれ、取りに行きます。結構時間はかかりました。最初に注文してからお店にワインを選びにいっても十分間に合いそうです。

この日頼んだのは「手ごねハンバーグステーキとレッドチェダーチーズ、デミグラスソース」と「九州産黒毛和牛のウチモモ赤身ステーキ」。どちらもお肉はスーパーで販売しているものです。食べて美味しければ買って帰ってね!という戦法。なるほどねぇ…。100円プラスすれば、小さなバゲットか、ライスがついてきます。味わってみると…、うん、さすが黒毛和牛…臭みはまったくなく、しかもやわらかく、美味しいですねぇ!

そして、ワインが…、これは進みます。だって、日頃はこのクラスの美味しいワイン、お店では特別なお祝い以外では飲めないもの!

seijoishiirestaurant201710_03wm.jpg
さすが和牛!千数百円の贅沢です。


それと、このお店、セルフサービスならではの利点が…。それはお水!

ワインを飲む時って、チェーサーとして水があると、お酒の弱い人も助かります。何を隠そう、KAY1がそう。でも、普通のレストランではお水を頼むのもホールの係の人に1杯1杯頼まねばならず面倒。でも、ここでは、お水が2箇所においてあり、いくらでもおかわりできるのです。そういう意味でとても嬉しいポイントです。

ところで、この日は赤ワインを選択しましたが、白ワインやスパークリングを持ち込んだ場合、ワインクーラーは置いてもらえるのでしょうか?この点をスタッフさんに尋ねた所、実はオープン当初は置いていなかったそうです。さすがにお客さんのリクエストが殺到し、今朝ほど、無事にクーラーが届いたそうです。よかったですね!次回は泡にしようかな。

スタッフさんたちも、まだ慣れずに「いっぱいっぱい」になっちゃうときも見かけられます。それは仕方ないことでしょう。ですから、客であるこちらも、暖かく見守ってあげたいもの。

駅直結ということもあり、仕事帰りにふらっと寄って…ということもできますし、ワインも、実はハーフボトルも種類がありますから、一人でもたのしめる。何より、ワインの勉強のために、一つずつ買って、ここで料理を味わいながら…、ワインの種類と味を覚えていくなんていう使い方もできそうです。

そうそう、このお店の生ビール、珍しい事にベルギーのピルスナー「プリムス」なんです。これを目当てに…という方もいらっしゃるかも知れません。

ああ、これからも楽しみなお店ができました。


成城石井スタイル デリ&カフェ
  ランク:A+
  電話:042-426-7528
  住所:調布市布田4-4-22 トリエ京王調布A館1F
  時間:11:00~15:00(ランチ)
      15:00~23:00(ディナー~LOは22:00)
  定休:
  値段:1000円~
  場所:調布駅 駅直結
  地図はこちら
  メニュー例:手ごねハンバーグステーキ 990円 
  クレジットカード:可
  HP:https://www.seijoishii.com/
  その他:禁煙





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



ページナビ
スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
とはいえ、食材の料理ではなく
情報の料理!(^^)
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク
ページ移動
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: