KAYS 2018年10月
FC2ブログ

スポンサードリンク


優しさと美味しさに溢れる街の本格中華「紅」

beni201810_01wm.jpg
お店はビジネスホテルの1Fです。


母が上京し、父親の墓参りにと多磨霊園に行った日のこと。午前11時過ぎに無事墓参りを終えます。

さて、お昼ごはんにしようか…。

KAYSの二人、妹、そして80代の母。4人で向かうとしたらどこがいいかな…。このまま調布あたりに戻ると、もろに昼飯時にぶつかって、待つことになるかもね。今日は日曜日だし。じゃ、やっぱりこの場所でお昼にしよう!

ふと思い出すのが前回、KAYSだけで墓参りしたときに入った中華料理店。西武多摩川線の「多摩」駅すぐそば、ビジネスホテルの1Fにある「紅」です。

とても賑わっている中華で確か味も悪くなかったはず。

なんといっても中華は、万人ウケするジャンルです。食べ物に苦手や好き嫌いがある人でも何かしら食べられる物がある。グループでおじゃまするにはピッタリ。

ということで、車がすれ違うには少々狭い人見街道を上手に車を避けながら歩いてお店に。実はKAY1、このあたり(府中市紅葉丘町)に1年ほど住んでいたことがあります。ですから、土地勘があるのです。当時はまだお店が少なく、寂しい街でした。が、今は東京外国語大学もできて、ずいぶんと人が多くなりました。そして、飲食店も増えてきています。この「紅」もKAY2が住んでいた頃(あっ、もう30年以上前だ!)にはありませんでした。

さて、おじゃました「紅」さん。とにかくスタッフの笑顔が印象的です。そう、お店に入った瞬間から気持ち良いのです。これは特筆すべきこのお店の特徴!

そして、店内は街の中華食堂でありながら、やや本格的な中華料理屋さんの雰囲気も感じさせる独特さがあります。内装…、昔見た香港映画の中華料理屋さんのようなやや薄暗い雰囲気。決して広くはない空間が独特の密度の空気を醸し出します。

さて、メニューを見ると、多くの品揃え。単品もいろいろとあり、そう、実は「本格」中華なのです。それでいて視線を壁の黒板に移すと…、学生さんが喜びそうな定食がいくつも…。

そう、これは珍しい「街の」中華と「本格」中華のコラボ!

だから…でしょうか、前回来たときに思ったのですが、地元密着で次から次へとお客さんがやってくる人気店なのです。あるグループは草野球後の打ち上げ、別のテーブルは地元の別の集まり、その横は地元のご家族、さらに横は学生のカップル…という具合。

いいなぁ、この雰囲気。こういうお店が我々の地元、仙川にもあるといいのになぁ…。

さて、出てきた料理も期待を裏切りません。炒飯は「街の」中華バージョン、そう、昭和の焼きめしを感じさせる素朴な味わい。海鮮湯麺は食べていると後から後から中身が増えてくるような錯覚を覚える大盛り!(普通盛りなのに) 「回鍋肉」は「本格」中華バージョン。この辛さが心地良い!特に気に入ったのが「肉野菜炒め」。お肉がチンジャオしている(独特の細切り肉)のです!さらに、独特の心地良いスパイスの香りが!

beni201810_02wm.jpg


1品ごとの分量が多いのも印象的。これならば、我々高齢グループはそれぞれが定食を頼むのではなく、人数マイナス1くらいのものを単品で頼み、シェアーするのが良いかもしれません。

というわけで、全員お腹がはちきれんばかりになりました。

でも、4人でお代は4000円代。良いですねぇ…。

全員分をおごってくれた母が言います。「私、この店、好きよ。また連れてきてね!」

グルメや接客に目利きの母がこういうのは珍しい事です。

さて、会計を済ませた際にお店の人に尋ねます。「タクシーは駅にいけばつかまりますか?」すると、「駅でも大丈夫ですが、こちらで電話で呼びますよ。それでしたら、タクシーが到着するまで席でゆっくりお待ちいただけますから…」と。なんて親切なのでしょう!

そして、しばらく4人でお話ししていると「タクシーが来ました!」と声をかけてくださいます。そう、さきほどから、お店の方、ちらちらと入口付近に目をやり、タクシーの到着をチェックしていらっしゃったのです。この頃、すでに満席で大忙しの店内。その中での気配り、目配りです。素晴らしい!

そして、お店を出て、タクシーが出発するまで、お忙しい中、素敵な笑顔でずっと見送ってくださったのも印象的でした。

というわけで、お腹も気持ちも満たされる、素敵なお店でした。



  ランク:A+
  電話:042-334-2338
  住所:府中市紅葉丘2-13-3
  時間:11:30~14:30
     17:00~22:30
  定休:不定休
  値段:800円位~
  場所:西武多摩川線「多摩」駅下車すぐ
  地図はこちら
  メニュー例:焼き餃子 520円
  クレジットカード:不可
  その他:





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




ジューススタンドを初体験する

oasisst201810_1wm.jpg
改札内、ちょっとおしゃれなスペースです。


人生というのは、様々な体験の積み重ねです。とはいえ、人生半世紀以上生きてきても、まだまだ未体験の事というのはあるものです。それが意外な事だったり…。

あるとき、テレビを見ていたKAY2。録画機には、お気に入りの番組が毎週録画されています。その一つ、NHKの「72時間」。これ、大好きなんです。

そしてそのときに流れたのが「東京・新橋 ジューススタンド夏物語」。

次から次へと訪れるお客さんの人間模様も興味深いのですが、みなさんが注文する数々のジュースにすっかりと魅せられてしまいました。

そういえば、今までジューススタンドに立ち寄ったことはほとんど無いぞ。もしかしたら島根の田舎に住んでいた子供の頃、東京旅行で、1回くらいあるのかもしれないけど、ほとんど記憶にないのです。

ジューススタンドなんて、日常見慣れていた風景なのに、1度も利用したことが無い!と、今になって気づいてしまったのです。ああ、いかに人生ボーッと生きていたのか…。某放送局の5歳の女の子に叱られそうです。

ああ、行きたい!

と突然思ったKAY2。

そうなると、いてもたってもいられません。とはいえ、新橋はなかなか縁遠い場所。

そのとき、ふと、ひらめきました。

そうだ、通勤路にあるじゃない!

仕事で新宿から小田急を使うKAY2、地下改札を入ってすぐに、目の前にジューススタンドがあるのです。

とはいえ、こちらは、テレビで取り上げられた新橋の「オザワフルーツ」のような様々な新鮮野菜のジュースがあるというわけではありません。もっとオシャレな、若い女性が常に出入りしているようなお店です。

でも、ジューサーミキサーで作ったジュースが飲めるなら…と、足を運んだKAY2。

「オアシスステーション新宿店」というのが名前です。大好きな「わおん」と同じく小田急グループの経営。

オアシスか…。まぁ、確かに殺伐としている駅改札内になって、ラッシュの時間をやや過ぎた朝の時間、閑散としており(失礼!)少しスペースに余裕のあるお店は名前の通りかもしれません。

メニューを見て、「いちごソイミルク」に惹かれます。普段豆乳を美味しく飲む習慣のないKAY2、フレッシュなイチゴと一緒なら飲めるかも…と、180円払っていただきます。

oasisst201810_2wm.jpg
さっそく2回目の訪問では、別のジュースに!


3席ほどある椅子に座り、そして、一口含むと…。

ほぉ、いいじゃない!

普段KAY2は豆乳を飲みませんが、これはクセになるかも…。

小さなカップですが、濃厚さと重量感があります。

そして、飲み干すと…。

へぇ。意外と充実感があるんだ…。これなら好きじゃない豆乳も飲めそうだ!

改めて、他にどんなジュースがあるのか、気になりはじめます。

ああ、ヤバイですねぇ。もうクセになりかけています。日々の出費がまた増えそうだ…。どこを削ろうかなぁ?


オアシスステーション 新宿店
  電話:03ー5321-9167
  住所:新宿区西新宿1-1-3小田急新宿駅西口地下改札内
  時間:07:00~21:30
  定休:無し
  値段:150円位~
  場所:小田急新宿駅下車すぐ
  地図はこちら
  メニュー例:
  クレジットカード:不可(PASMOなどの交通系カードは対応)
  HP:http://www.odakyu-restaurant.jp/shop/cafe/oasissta/shinjyuku.html
  その他:完全禁煙





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




ワインに関して本気だったロイヤルホスト!

moegi201810wm.jpg
写真の中央から右側に注目!
ついにロイヤルホストに
ワインクーラーが登場!


先日、こちらに日本ワインの扱いを始めたロイヤルホストについての記事を書きました。

大好きな赤ワイン「藍茜」と「萌黄」がほとんど原価で飲めるというもの凄い企画です。そのときに、実はKAYS、間違ったことを一つ(もしかしたら2つ)書いてしまったのです。

それは記事の最後に、白ワインについて、ワインクーラーを要望したいと書いた事。

以前、ロイヤルホストで白ワインを飲んだ際、ワインクーラーの有無を尋ねたところ「申し訳ございませんが、置いていませんので…」との答え。「残念!」と思った経験があったためです。1本のワインを二人で飲むとなると、それなりに時間がかかります。白ワイン、どうしても温度が上がってしまうので、味わいが変わってしまうのです。

ところが…。

先日赤ワインの「藍茜」を飲んだから、今日は白ワインの「萌黄」を飲もう!とお店を再び訪れます。

そして、注文したら…、厨房の方から氷を掬って何かに移し替えているようなガチャガチャという音が聞こえてきます。

えっ?まさか?

そして、ホールスタッフさんが持ってきたのは…、そう、我が家でも使っている透明プラスチックで二重構造になったワインクーラー!そしてその中に「萌黄」が。

驚いて彼女に尋ねます。

「これまでワインクーラーは置いてなかったですよね?」

「そうなんです」

「いつから置くようになったんですか?」

「今回、日本ワインの提供を開始するにあたって、お店に支給されたんですよ」

スゴイ!嬉しい!

なんと、ロイヤルホスト、これは本気です!メルシャン側からの希望もあったのかな…。とにかく嬉しい出来事でした。

というわけで、先日のブログの記事、最後に書いたところは修正しておきました。

そしてもう一つ。冒頭で「もしかしたら2つ」と書いた、その2つ目です。その後、またお店を訪れ、再び赤ワインを頼んだとき、ダメモトで「もしかして、冷やしていない常温のものがあれば、それをお願いしたいのですが…」と伝えたら、冷やしていない常温のものが出てきました!

これはたまたまだったのかも知れませんが、やはり、嬉しい体験でした。やっぱりこれからの季節、「藍茜」は常温が良いですね。

ロイヤルホスト、ますます通いつめそうです!





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



「わおん」リニューアル~唐揚げが美味しい!

waon201810_01wm.jpg
場所はより改札近くに移動しました。


KAY2が大好きな立ちのみ居酒屋「わぉん」。以前、こちらの記事に書いた事があります。

駅の改札を出て数秒、そして、禁煙、価格も安く、交通系のICカードが支払いに使えると、KAY2にとって良いことだらけのお店。

ところが、しばらく前から、駅の改装のために、一時閉店。再開するのを心待ちにしていましたが、ようやく10月1日に改装オープンとなりました。

以前と変わらず、朝と昼は定食、そして夜だけ立ちのみという業態のお店です。嬉しい事に立ち飲み、以前より開始時間が早まり、16時30分スタートです。

仕事が終わり、夜8時。かけつけてみると、扉の外に長い行列ができているのを見てギョッとします。

が、それはお店に入るための行列ではなく、オーダーの行列でした。レイアウトの変更で、レジが入り口付近にできたことによるものとわかり、ほっとします。

以前と変わらず、お店の中でまず、空きスペースをさがし、確保してから、行列に並びます。

そこで改めて店内を見渡してみます。キャパは以前より若干広めに感じます。少しつめれば40人前後は場所を確保できそうです。改装後、お店の位置も若干変わり、より小田急地下改札に近くなっています。

当然のことながら、すべてが新しく、お店の中は新しい木の香りがいっぱい。

そういえば店名も以前は「わぉん」と「ぉ」が小さかったけど、今は「わおん」と大きくなりました。

メニューを見てみると、若干、種類は減っています。また、どうやら、周りを見渡してみると、唐揚げが人気のよう。これ、おそらく昼間定食で出している、自慢の唐揚げのようです。八海山酒造の塩麹につけこんだものとか。

注文後、ドリンクはレジの隣で受け取ります。さらに、調理を必要としない、たとえば板わさなどは、そのまた隣の窓口で同時に受け取ります。時間を必要とする料理はレシートの番号が呼ばれるまで、一旦、自分のカウンターに戻って待ちます。調理を必要としないものも、混み合うときには番号で呼ばれる場合もあります。

ドリンクはやっぱり2杯頼みが安全。そう、レジは常に長蛇の列ですから、1杯飲み干すごとに並んでいては相当に時間を無駄にしてしまいます。

生2杯を頼み、受け取ります。そして、冷や奴をお願いしますが、この日は注文が集中し、後ほど受け取ることに。

うれしいのは、立ちのみテーブルの下、収納のスペースが縦方向に広くなったこと。これで、大きなデイパックをいつも背負って歩いているKAY2、安心して、収納し、立ち飲みを楽しむことができます。

やがて番号を呼ばれ、冷や奴を。そして唐揚げ…。

waon201810_02wm.jpg
3日連続で通ってしまいます。
ホッピーと唐揚げも最高!


この唐揚げ、人気の秘密がわかります。そう、メチャ美味い!

唐揚げって、居酒屋では定番料理だけど、味加減は結構難しい。頼んで、「まぁ、こんなものかな…」という感想を抱くことが多いもの。

ところが、こちらの唐揚げは塩加減といい、揚げ方といい、もう、今まで食べた中でもトップクラス!

しかも、この唐揚げとハイボールのセットは500円!気がつくと、確かに圧倒的多数のお客さんがこのセットで頼んでいるんですねぇ…。なぁるほど。

さて、一人飲みの楽しさ。音楽プレーヤーで好みの音楽を聞くもよし、タブレットで読書するのもよし。周りのグループ客のサラリーマンの愚痴を聞くのも楽しいもの。もっともこの立ち飲み屋さん、なぜか、物腰の柔らかな人が多いのです。だから、みなさん、愚痴もほどほど…。そして、お客さん同士の譲り合いもまた、スマート!

そして、先ほどから女性の一人客がちらほらと…。そう、女性も一人で安心して立ち飲みができる、貴重な店なんです!

というわけで、軽く飲んだら、返却口に食器を返し店を後にします。30分ほどの滞在でしたが、仕事のあとのご褒美として最高のひとときを楽しみました。

日本酒も、オープン記念でしょうか、十四代など、貴重なものがありました。

京王線の改札もすぐそこ。

さぁ、帰りの電車に…。

あれ?駅は人の海。改札に入れないぞ…。

なになに?人身事故?

参ったな…。

あっ、そっか。「わおん」に戻ればいいんだ。また飲み直しだ!(爆)

わぉん
  ランク:A+
  電話:03ー3342-6864
  住所:新宿区西新宿1-1-3小田急地下コンコース
  時間:06:30~23:00(日祝は22:30) 立ち飲みは16:30より
  定休:無し
  値段:1、300円位~
  場所:小田急地下改札より徒歩10秒
  地図はこちら
  メニュー例:ホッピーセット~420円、唐揚げ~390円
  クレジットカード:不可
  HP:http://www.odakyu-restaurant.jp/shop/others/waon/
  その他:完全禁煙





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)






スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: